Our Story

21世紀の日本の子供たちの将来の主戦場は、ITであり、サイエンスであり、そして世界、です。

私たちは、国語や算数などの学校で行ういわゆる本科の授業ではないけれども、この先の子供たちの未来に大いに役立っていくであろう、そういったシーズを育てていきたい、そのような思いからこの教室を運営しております。

STEM教育は、すでに欧米では公教育で取り組まれております。サイエンス、テクノロジー、エンジニアリング、マスマティックの4分野は、21世紀の産業の主戦場となっていくことは間違いありません。

これらの分野の関心は、とても多くの小学生、中学生が持っています。しかしながら、その関心を、しっかり受け止め、知識を得て、表現していく、そのような場は決して多くはありません。

学力工房専科教室では、STEMとENGLISHを楽しく、そしてワンストップで学べる、体験できる教室として、学習塾とは一線を画した取り組みをしてまいります。

Our Promise: 

High Quality Educational Products.

STEM

サイエンスは「理科実験教室」を、テクノロジーは「ロボット教室」で。エンジニアリングは「プログラミング教室」、マスマティックは「ロジコ算数(予定)」で学んでいきます。

1つ1つの教室は独立しており、何を学んでも自由です。1つでもいいし、複数でも大丈夫です。お子様の関心のある分野を、まずは「好き」「楽しい」から取り組んでいきましょう。

ロボット教室では、てこやギア、光センサーや音センサーなどを組み合わせていろいろな動きの仕組みを学びます。理科実験教室では、生物・地学・化学・物理のそれぞれの分野の実験を毎回どんどんと取り組みます。プログラミングでは、まずは簡単なコマンドでPC上のパーツを自分の思うように動かすところから始め、実際スマートフォン上で動かせるアプリを作ります。ロジコ算数では、論理的思考力、空間把握能力、推測能力などをゲーム感覚の取り組みを通じて体感していきます。

1つ1つの要素には楽しさと、驚きが満載です。まずは、その小さな驚きを大切にしていきながら、知的な好奇心を広げていきます。

ENGLISH

少子高齢化の進む日本において、今の子供たちの活躍のフィールドは日本に限定されることはありません。すでに、2020年から大学入試においても英語は、「4技能」を重視した、実践的な「使えるかどうか」を試す内容になっていきます。小学校では英語が正式な科目になり、中学校ではオールイングリッシュでの英語の授業を目指しています。

そのような中、私たちの教室では、早期から英語の「音」をしっかりと聞き、文法でも、単語でもなく、まずは音で英語が判別できる、そのために、フォニックスを未就学段階から小学生の初めにかけて徹底的に学んでもらいます。これは「覚える」のではなく、東進さんのカリキュラムを使い、「自然と体に入る」形で身に着けていきます。

そのうえで、小学生の早い段階から、理科や社会や算数などの教科を英語で学習をしていく、アカデミックランゲージの学習を取り入れ、「英語を使う」「英語で考える」ことが自然とできる状態を目指していきます。

授業はセサミストリートの映像をふんだんに使った、とにかく楽しい内容になっており、飽きることなく自然と英語を身に着けていくことができます。

最も大事なこと

最も大事なことは、1つ1つの学習機会を、ただ1つの学習機会に終わらせないこと、です。私たちの社名でもある「クロスコミュニケーション」、5つの要素がしっかりと連携し、今どのような状態になっているのか、どういう繋がりがあるのか、どういう関連性があるのか、その可能性を提示し続けることです。また、教室と生徒とご家庭が状況と状態をしっかりとシェアしていくこと、何が起こっているのか、何が進められているのか、認識できるコミュニケーションが大事です。

私たちは、この「クロスコミュニケーション」を最も大事にしています。

そのために、各教室では、今月どのような取り組みをしたのかのレポートを毎月提供します。また、WEB上ではブログの形式で、リアルタイムに近い形で授業のレポートを提供していきます。さらに、毎月1回、各授業や教室のセクションを超えた課外イベントを実施し、生徒間のコミュニケーションの促進と、新しい発見を見出せる場を提供していきます。さらに、モチベーションの向上に向けて、「ドルシステム」を本校と共有で実施します。これは、授業参加と制作物やホームワークに対して、ドル=ポイントを付けていき、ポイントの残高によって各種景品と交換していきます。

最も大事なこと、それは、教室に参加すること、授業に参加すること、それに加えて、「他にはないクロスコミュニケーションを実現すること」です。