​STEM Summer Camp

自然の中の和の空間で

​新しい体験を

理科実験

プログラミング

​ロボット作成

​ロジカルシンキング

​◯場所◯

シェアサロン古民家asagoro

築90年の古民家で

理系とITに強くなる。

2017.08.09 or 2017.08.17

​11:00~17:45

◯対象◯

小学3年生-小学6年生

(最大10名)

◯費用◯

1名様8000円

​(昼食 テキスト代込み)

​program

(1)ロジカルシンキング対決「数で勝負」

(2)顕微鏡を作って暗号を読み取ろう!

(3)風船電話で伝言ゲーム

(4)ロボットを作ってスピードレース

​(5)PK合戦ゲームをプログラミングしよう!

​サマーキャンプ2017レポート

​*今回は8/9と8/17の二日間行いましたが、このレポートでは二日間をまとめてお送りします!

​サマーキャンプの開催地、古民家asagoroです。とても風情のあるいいところでした(^ ^)

沢山のお子さまにご参加いただき、とても賑やかで楽しいイベントになりました。

以下、プログラムごとに写真とともに紹介させていただきます!

ロジカルクイズに挑戦!

ここでは、中村先生からミッションとして出された問題をみんなで協力して解きました。

問題の内容は、3分の砂時計と5分の砂時計を使って7分を計るには?というものや、

国ごとの時差の問題など、発想力や算数の力を鍛えるものたちでした。

砂時計の問題、みなさんわかりますでしょうか!

なかなか解く方法がわからなくても、あきらめずにいろんな考え方を相談しながら

取り組む姿が印象的でした✨

無事ミッションをクリアしたみんなは、続いて

ロボットでスピードレース

に取り掛かります!

​まずは基本形のクロールロボ(左右の腕をクロールのように回すことで進みます)を作り、そこからいかに早く進むように改造するかが勝負です( ^ ^ )/

​競争になると、先ほどとはうってかわってみんな真剣モードです・・・!

そして、改造を終えた個性あふれるロボットの一部をご覧ください♪

​あまり上手にロボットが写せていない写真もありますね・・・

どの子もとても生き生きとした表情で改造したロボットを見せてくれました。

準備が整ったら、レースです!

プログラミングでPKゲームを作ろう!

scratchというパソコンからアクセスできる簡単なプログラミングのシステムを使い、PKゲームを作ります。

​こちらもみんな思い思いにこだわりの込もったゲームをつくっていました!

​scratchはおうちのパソコンからも開くことができ、

また作ったゲームのデータも保存できます。

「家でもやりたい!」という声もあがりました^^

このあと、4つめのプログラムとして『ペットボトルで顕微鏡を作ろう』が企画されていましたが、時間の都合上作り方と材料をお渡しさせていただきました。

おわりには先生から難問パズルのプレゼント(宿題?)がでて、

サマーキャンプは大にぎわいの中幕を閉じました!

 

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました!😄😄

レポートを終わらせていただきます。

​この経験が、お子様にとって良いものでありましたら幸いです!